超インドア人間がボクシングデビュー!?(その2) もしドク宮崎2015年7・8月号

本記事は
超インドア人間がボクシングデビュー!?(その1) もしドク宮崎2015年7・8月号
からの連載ページです。

日常運動0の人間がどこまでストイックになれるのか~続き~

前回のあらすじ

ボクシングエクササイズなんてちょろいぜ!!と思っていた蓑毛に降りかかる試練の数々。何回の回復呪文、何回のザオリクが必要となるのか。そして、その蓑毛にこの取材を丸投げした猪野は蓑毛とこれからうまくやっていけるのか?!

いつまで続く?!運動0の者へのしごき

DSC_0137

湯場:はーい。次はミット打ちですねー。(鬼か)

DSC_0141 DSC_0142 DSC_0155 DSC_0160

これでもかと言わんばかりにミットに食ってかかる蓑毛。これはこの取材を頼んだ猪野への怒りがそうさせるのか。それは誰にもわからない。

DSC_0176

だんだんと笑顔に変わる蓑毛。ナチュラルハイなのか?ただ、言葉を発してない蓑毛。

DSC_0177

みよ!このさわやかな汗を!!!

DSC_0238

蓑毛:こんなに汗かくことないですよ、ハァハァ、普段、ハァハァ・・・

いやもうなんか、ごめんなさいね。私が取材を頼んだばっかりに。

DSC_0295

ここでちょっと一枚。あーいい笑顔。まだ余裕?

湯場:次はサンドバッグですねー。

DSC_0198

湯場:はい、ワンツーワンツー。

蓑毛:ハァハァ、ハァハァ

DSC_0199

こ・・・腰が・・・引けてきてる・・・・

湯場:はい、連打ーーーー。

DSC_0209

蓑毛:(こんにゃろーーー)ハァハァ、ハァハァ

DSC_0208

DSC_0317

沈みました。いったい何ラウンドしたらこんなになるのか・・・・(いや実際4ラウンドくらい?)

ちょっとオタオタしてしまう猪野。

DSC_0251

でも、こんな風に遊んでました。※素手でやってはいけません。

湯場:次、いきますよー(遠くから)

DSC_0218 DSC_0233

湯場:次は腹筋ですからねー。(さわやかな顔)

元とは言えついこの間までプロであった人をあなどってはいけなかった。と、思う猪野。

今日は取材だが、ここのジムは月に何回来ても、何時間いても(すげー無理)通い放題らしいのだがそんなに通ったらガチでマッチョでセクシーなおねいさんになれるのではないかとほんとに思う。

ただ、始めは確実に猫パンチからのスタートであろう。そこは湯場さんに丁寧な指導を・・・(やましい)

と、妄想している間も蓑毛は頑張っていた。

DSC_0223 DSC_0222

DSC_0228

蓑毛:くぅ~~~~~。

ここで初めて声を聞いた気がする。

ここでトレーニング画像でお腹いっぱいの方たちの為に、

DSC_0247

アロマです。

そんなこんなで取材トレーニングは終わり・・・・

DSC_0259

猪野:・・・・疲れた?

蓑毛:・・・・・・・・。

DSC_0261

湯場:まだまだ甘いっすよ。まだまだ自分に勝たないと。

猪野:まじっすかーーー?(ヘラヘラ)

蓑毛:・・・・・・・・・・・・・。

しばらく湯場さんと猪野だけで話が続く・・・・。

猪野:あ、蓑毛っち着替えいこっか?

蓑毛:(絶対、忘れてたはず)という表情

女子用ロッカールームに入り、着替えたとたん、

DSC_0329

DSC_0332

このような状態でした。さすが蓑毛、もしドクスタッフ!湯場さんの前では一切見せなかったこの尽き果てた感!!見事!!!

しばらくこのままお眠り・・・・・は無理なので、ちゃっちゃと帰る準備してもらって。

DSC_0304DSC_0309

外にあるこんな面白い機械を遠くから眺めたりして。

DSC_0302

最後にバランスボールと戯れて・・・・・。

DSC_0315

さらば!YUVAX!!!!さわやかな汗をありがとう!!!!

DSC_0340

こんな外観だったらほんとにリングで戦いそうな妄想が出来るよ!!

猫パンチ!猫パンチ!!

湯場さんに、もう来るなよって言われそう。

もしドクスタッフ、蓑毛と猪野の関係は・・・・・

後日・・・・・

DSC_0110

左腕の筋肉痛を押さえながら無言のプレッシャーを猪野に与えてくる蓑毛でした。

ごめん。私、魔法使いじゃなかった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする